DIVING

沖縄本島で潜るなら本部半島へ

沖縄本島北部に位置する本部半島は、那覇から車をつかって2時間程で、有名な美ら海水族館を有する一大観光スポットです。リゾートホテルも多数存在しており、この辺りに滞在すれば都会の喧騒から離れたひとときを過ごすことができるでしょう。
ダイビングポイントとしても非常に有名で、ビーチポイント、ボートポイントともにたくさんのダイビングポイントが開拓されています。ビーチポイントとして有名なのは「崎本部(通称:ゴリラチョップ)」と呼ばれる場所で、水深10mちょっとの広大な砂地が広がっており、癒し系のダイビングを楽しむことができます。生物も豊富で、各種クマノミやスズメダイ、ブダイ、ハゼ、ウミウシなどを通年観察することができます。北風にも強い地形なので、冬の沖縄には無くてはならない存在と言えるでしょう。
ボートポイントとしては、本部半島の沖合に位置する瀬底島周辺が有名です。いずれのポイントも透明度が非常に高く、30mを越えることがほとんどです。水底に広がる砂地はとても美しく、そこに点在する珊瑚にはナンヨウハギや、デバスズメダイ、テングカワハギなど愛らしい熱帯魚がたくさん集まっています。他にも、岩の隙間から差し込む光が美しい水中洞窟もあり、バリエーション豊かなダイビングを楽しむことができます。